magazineplus
magazineplus
bookplus
bookplus
whoplus
whoplus
日外e-レファレンス・ライブラリー
e-レファレンス
トライアル申込
トライアル
BOOKデータASPサービス
BOOKデータASP 
BOOKキーワード販売
BOOKキーワード 
magazineplus目次ASPサービス
mag目次ASP 

ご契約ユーザー接続先(ログイン画面)

● nichigai/webサービス(年間固定制)
 magazineplus / bookplus / whoplus
ログイン
● 日外e-レファレンス・ライブラリー(年間固定制) ログイン

日外からのお知らせ

〈2018.8.22〉NEW
MAIL NEWS vol.119を発行しました。
罫線
〈2018.5.30〉NEW
日外e-レファレンス・ライブラリー「日本文学」および「世界文学」の〈アンソロジー内容総覧 小説〉に、書籍版「アンソロジー内容総覧 日本の小説・外国の小説 2007-2016」の収録内容が追加されました。
罫線
〈2018.4.16〉
magazineplus クイックガイド(A3版A4版)を全面改訂しました。近日、ご契約法人には郵送する予定です。足りない場合、随時、お気軽にお申し付けください。
罫線
〈2018.3.26〉
magazineplusのJ-STAGE 学術雑誌論文データの第9回登録が 完了しました。J-STAGE文献数は、737誌、1,120,398文献 となりました。
罫線
〈2018.3.9〉
日外e-レファレンス・ライブラリー「文献要覧」の〈英米文学研究文献要覧〉に、書籍版「英米文学研究文献要覧 2005〜2009」の収録内容が追加されました。
罫線
〈2018.2.20〉
日外e-レファレンス・ライブラリー「文献要覧」の〈フランス語フランス文学研究文献要覧〉に、書籍版「フランス語フランス文学研究文献要覧2005〜2009」の収録内容が追加されました。
罫線
想隆社「貴重音源コレクション」カタログが改訂されました。価格やコンテンツは同じです。
罫線
〈2017.11.17〉
2018年4月より、ジャパンナレッジLibの利用料金改定があります。また、待望の新コンテンツ「新編国歌大観」「角川古語大辞典」「新版 角川日本地名大辞典」の3つがリリースされます。これらはジャパンナレッジLibの追加コンテンツとしてのご契約のほか、単独のご契約も可能です。
罫線
〈2017.9.14〉
2017年9月1日、nichigai/web サービス(magazineplus・bookplus・whoplus)のご契約者を対象に、 ユーザー管理画面をリリースしました。
罫線
〈2017.7.28〉
無償特典「図書館ガイダンスID」の発行ID数の上限を25IDから50IDに変更いたします。図書館主催のガイダンスにお役立てください。
罫線
〈2017.6.22〉
magazineplus カタログ改訂版(A3判二ツ折)をアップしました。
magazineplus 明治・大正・昭和戦前期雑誌登録の案内チラシ(A4判)をアップしました。学部の先生にご案内ください。
magazineplusの館内周知用ポスター(A3判)が出来ました。ご自由に出力してお使いください。
罫線
〈2017.2.24〉
日外 e-レファレンス・ライブラリーの館内周知用ポスター(A3判)が出来ました。ご自由に出力してお使いください。
罫線
〈2016.6.21〉
magazineplusへの「NDLデジタルコレクション」明治・大正・昭和戦前期の雑誌データ登録が完了しました(全3,228誌)。詳しくはこちらをご覧下さい。
罫線
〈2016.2.1〉
2016年4月より、新しい3DB利用プランが始まります。従来の「企業・団体・個人向け利用プラン」の改称で、新たに公共図書館もご利用対象となります(但し、大学図書館は除きます)。詳細はこちら
罫線
〈2015.6.22〉
明治・大正・昭和初期の講演のSP盤音源+テキストの全く新しいデータベース「貴重音源コレクション 岡田コレクション I」が想隆社よりリリースされました。日外はその販売代理店です。

貴重音源コレクション 岡田コレクション I
罫線
〈2015.03.06〉
ネットアドバンス社「Web版 群書類従」(正・続・続々)の取り扱いを始めました。JKBooksのコンテンツは全て取り扱っています。お気軽にお問い合わせください。
罫線

magazineplus FTE価格体系

web/nichigai assist終了のご案内

従量制データベース
G-Searchデータベースサービス @niftyビジネス
web bookplus
web magazineplus
web whoplus
人物情報横断検索 
web bookplus
web magazineplus
web whoplus
人物情報横断検索
 

罫線
進化するDBサービス(2016) 図書館で変わる!地域が変わる!(2016)
レファレンスツールの過去、現在、そして未来(2015) 外部情報源を使い倒す!(2014)
ディスカバリーサービスのさらなる「日本化」を目指して(2013) 思いがけずシステム担当者になってしまったら(2012)
DBワークショップ2012  

図書館員が選んだレファレンスツール2015
ページTOPへ