magazineplus
magazineplus
bookplus
bookplus
whoplus
whoplus
日外e-レファレンス・ライブラリー
e-レファレンス
トライアル申込
トライアル
BOOKデータASPサービス
BOOKデータASP 
BOOKキーワード販売
BOOKキーワード 
magazineplus目次ASPサービス
mag目次ASP 

ご契約ユーザー接続先(ログイン画面)

● nichigai/webサービス(年間固定制)
 magazineplus / bookplus / whoplus
ログイン
● 日外e-レファレンス・ライブラリー(年間固定制) ログイン

日外からのお知らせ

〈2019.6.14〉
MAIL NEWS vol.123を発行しました。
罫線
〈2019.5.24〉
2020年春、日外e-レファレンス・ライブラリーレファコレ(日外レファレンス・コレクション)に生まれ変わります。詳細はこちら
罫線
〈2018.5.30〉
日外e-レファレンス・ライブラリー「日本文学」および「世界文学」の〈アンソロジー内容総覧 小説〉に、書籍版「アンソロジー内容総覧 日本の小説・外国の小説 2007-2016」の収録内容が追加されました。
罫線
〈2018.4.16〉
magazineplus クイックガイド(A3版A4版)を全面改訂しました。
罫線
〈2017.9.14〉
2017年9月1日、nichigai/web サービス(magazineplus・bookplus・whoplus)のご契約者を対象に、 ユーザー管理画面をリリースしました。
罫線
〈2017.7.28〉
無償特典「図書館ガイダンスID」の発行ID数の上限を25IDから50IDに変更いたします。図書館主催のガイダンスにお役立てください。
罫線
〈2016.6.21〉
magazineplusへの「NDLデジタルコレクション」明治・大正・昭和戦前期の雑誌データ登録が完了しました(全3,228誌) 詳細はこちら罫線
〈2016.2.1〉
2016年4月より、新しい3DB利用プランが始まります。従来の「企業・団体・個人向け利用プラン」の改称で、新たに公共図書館もご利用対象となります(但し、大学図書館は除きます)。詳細はこちら
罫線
〈2015.6.22〉
明治・大正・昭和初期の講演のSP盤音源+テキストの全く新しいデータベース「貴重音源コレクション 岡田コレクション I」が想隆社よりリリースされました。日外はその販売代理店です。

貴重音源コレクション 岡田コレクション I
罫線

magazineplus FTE価格体系

罫線
●従量制データベース
G-Searchデータベースサービス @niftyビジネス
人物情報横断検索
新聞・雑誌記事横断検索
人物情報横断検索
新聞・雑誌記事横断検索
2019年3月29日をもちまして
 「web bookplus」
 「web magazineplus」
 「web whoplus」
はサービス提供を終了しました。
2019年3月29日をもちまして
 「web bookplus」
 「web magazineplus」
 「web whoplus」
はサービス提供を終しました。
罫線
進化するDBサービス(2016) 図書館で変わる!地域が変わる!(2016)
レファレンスツールの過去、現在、そして未来(2015) 外部情報源を使い倒す!(2014)
ディスカバリーサービスのさらなる「日本化」を目指して(2013) 思いがけずシステム担当者になってしまったら(2012)
DBワークショップ2012  

図書館員が選んだレファレンスツール2015
ページTOPへ